一般社団法人 広島県測量設計業協会

一般社団法人 広島県測量設計業協会

>
>
ご挨拶

ご挨拶

 

 

(一社)広島県測量設計業協会

荒 谷 壽 一

 

 

(一社)広島県測量設計業協会は,昭和52年に社団法人としてスタートし,本年で創立40周年を迎えることが出来ました。これもひとえに地域住民及び国や県などの発注機関の皆様の御理解・御支援の賜物と,厚く感謝申し上げます。

 創立以来,当協会は地域の安全・安心の確保と住民の皆様の生命財産を自然災害から守ることを第一の使命として活動してまいりました。

 そうした中,平成23年3月に発生した東日本大震災をはじめ,地震・豪雨などの大規模自然災害が毎年各地で発生しております。

 更には,昭和40年代の高度成長期からバブル期に建造・整備され,今日までの日本の社会・経済の発展を支えてきた道路・トンネル・橋梁や堤防をはじめとした様々な社会インフラの老朽化が表面化しており,これらの施設の適切なメンテナンスや更新といった長寿命化対策が国・地方の重要な施策として位置づけられております。

 我々は,社会資本整備の一翼を担うものとして”インフラが二流ではその国の経済,国民生活も一流にはなりえない”をモットーに,測量・調査・設計を基として防災・減災対策や施設の長寿命化対策に引き続き取り組むことにより,国土強靭化の実現に貢献して参りたいと考えております。

 近年,「少子高齢化問題」に起因し,建設関連業界を取り巻く環境は大きく変化しており,特に”担い手の確保・育成”が今後の我々業界の発展に必要となる「生産性向上」と「働き方改革」の推進に欠かすことが出来ない要件としてクローズアップされております。

 我が建設関連業界は若い方々の力を求めています。このHPを御覧になっている若い方には,是非ともわが業界に入職いただいてその力を発揮され,21世紀にふさわしい”安全・安心でゆとりある国土”を,一緒に築いていきませんか。